子ども服アレコレ

子ども服の洗濯の仕方

子どもが少し大きくなってくると活発になり、探究心も旺盛になります。 泥んこ遊びにも興味を示し、感性も豊かになります。 しかし、外遊びから帰ってきたときには泥んこだらけになってしまい、洗濯が大変になります。

汚れるともったいないからと今の時期にしか着られないようなかわいい洋服を着る機会も減ってしまうのではないでしょうか。 そこで、幼児期にありがちな泥んこ汚れを、特別な洗剤を使わずに落とす方法をご紹介します。


用意するものは、粉石けん・洗濯板・タライです。

  • 泥を乾かす
    まず大切なのは乾かすことです。 水につけおきすると、細かい泥が流動して繊維の奥に入り込むこともあり、取れにくくなります。 まずはカラカラに泥を乾かすことから始めます。
  • 泥をかきだす
    ブラシか歯ブラシで、優しく衣類を一方向にこすり、泥をかきだします。
  • 石けんを泡立てる
    粉石けんを使うのでしたらここでぬるま湯をタライに入れて溶かします。 手を泡だて器のように広げて勢いをつけて混ぜるとよく泡立ちます。
  • 洗濯板で洗う
    汚れの部分を洗濯板のでこぼこにこすりつけるようにしてからもみ洗いをします。
  • すすぎ
    軽くすすぎ、他の衣類と同じように洗濯機で洗い干します。

こうすることで泥汚れ専用の高価な洗剤を使わなくても落とすことができます。 泥汚れを落とす方法を知っていると子どもの遊びに対して大らかになれることでしょう。 また、お子さんに多いのが食べこぼしのシミなのではないでしょうか。 せっかくの可愛い子ども服もシミだらけになってしまっては台無しです。

食事中の食べこぼしのシミなどは乾かないうちにつけ置き洗いをすることがポイントになります。 少し手間だなと感じるかもしれませんが、つけたらすぐに洗うという習慣をつけることが大切です。 汚れの落とし方を知っておけばかわいい洋服も気軽に着せることができます。

当店では、おしゃれな子ども服を取り扱っています。 他では見られない個性的なデザインが魅力です。


お客様の声
メディア情報
会員登録
ブログ

アイテム別

プライズリボン
ギフト

サイズ別

子ども服のアレコレ

ヴィンテージ生地の魅力

子ども服のコーディネートのコツ
子ども服の選び方について
子どもに合ったドレス選び
発表会の衣装の選び方
子ども服の収納方法
子どもに服を収納させる方法
子ども服の洗濯の仕方
年齢における洋服の特徴
子ども服の再利用の方法について

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ