子ども服アレコレ

子ども服の収納方法

みなさんは、子ども服をどのように収納していますか?

たくさんある子ども服をスムーズに、上品に収納できると気持ち良いのではないでしょうか。 こちらでは、子ども服の収納方法についてご紹介したいと思います。


子ども服をしまう場所

子ども服の収納は、着替える場所の近くにすると便利です。 子ども部屋で着替えるのか、居間に続いた和室が良いのか、 家の間取りや生活パターンに合わせるようにしましょう。

入浴後に着替える肌着やパジャマだけを、洗面所の近くに収納するのもいいと思います。 家のあちこちに分散させすぎないことがポイントです。


子ども服をクローゼットにしまうコツ

コットン100%のカラフルコート

クローゼットを使って収納する場合は、プラスチックの引き出しケースを2~3列に並べ、 たためる服はプラスチックのケースに、重ねて入れるのではなく、洋服一枚一枚が見えるように立てて並べていきます。 子ども服だけに限らず大人服も同様、重ねて収納してしまうと、 どの洋服がどこに収納してあるのかが分からなくなってしまいます。

探すことにより、せっかく綺麗にたたんで収納していても、バラバラになってしまうので全く収納の意味がありません。 子どもが見ても、どこにどの洋服が入っているかを確認できるようにしてあげる事が大切なポイントです。 引き出しの外側に、中身を示すラベルを張ってあげると更にいいかもしれません。 そして、たたむとかさばる洋服はハンガーに掛け、吊るすといいでしょう。 プラスチックケースと吊るした服の空間を、おむつ置きや、バッグ置きなどで使用すると無駄がなくなります。

お子さんが小さいうちは、プラスチックケースで十分だと思います。 ご存知の通り、子どもはすぐ大きくなります。 ですから、高価な子ども用チェストを購入しても、ある程度の期間しか利用できません。 ある程度大きくなってきた頃にチェストを購入してあげることで、 大金を使う事なく、経済的にも優しいのではないでしょうか。

子ども服は数多くあります。 少しの工夫で、たくさんの洋服を収納できるのです。 上記の収納法は、収納が苦手な親御さんでも簡単に出来ると思います。 是非、参考にしてみてください。


お客様の声
メディア情報
会員登録
ブログ

アイテム別

プライズリボン
ギフト

サイズ別

子ども服のアレコレ

ヴィンテージ生地の魅力

子ども服のコーディネートのコツ
子ども服の選び方について
子どもに合ったドレス選び
発表会の衣装の選び方
子ども服の収納方法
子どもに服を収納させる方法
子ども服の洗濯の仕方
年齢における洋服の特徴
子ども服の再利用の方法について

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ