子ども服アレコレ

子どもに服を収納させる方法

子ども用の個性的なシャツ

お子様がある程度の年齢になってくると、自分で片づけをできるようにさせたいですよね。 しかし、いくら言ってもなかなか片づけてくれないということも多々あると思います。

子どもが片づけをなかなかしてくれない理由としては、「そもそもの片づけの方法がわからない」というのがあります。

教えたとおりに実践してくれなかったら、「なんでできないの?」と怒ってしまいがちですが、 頭ごなしに叱るのではなく、少し教え方を変えてみましょう。 しっかりと順序を踏んで覚えさせることで、確実に身に着けさせることが出来ると思います。


やるべきこと

幼稚園までの子どもであれば、してほしいことを言葉で伝えるのではなく、 「こうやって片づけるんだよ」と実践して見せ、視覚的に覚えてもらいましょう。 しばらくこれを続けていると、「ぼくも(わたしも)やってみたい」と言い出すので、手伝わせてあげます。

しかし、いきなり大局的に実践させるのではなく、最後の2枚だけしまわせたりと、ちょっとずつさせてあげます。 そしてこの時に忘れてはならないのが、「ありがとう」や「助かったよ」といった感謝の言葉です。 こうすることによって、自分でできた達成感と、ママの役に立ったという満足感を味わうことができます。 単純かもしれませんが、子どもはこれだけでもとても嬉しいものです。

また、重要なのは教え方だけではなく環境もあります。 例えば、しまう場所がバラバラになってしまうとなかなか覚えられず、子どもは混乱してしまいます。 パンツや靴下、Tシャツなどをバラバラに仕舞っている方もいらっしゃるかもしれませんが、 お子様に確実に実践してもらうために、しまう場所は統一するようにしましょう。


以上のように、小さなお子様はまだまだ考える力が備わっていません。 百聞は一見にしかずという言葉にもあるように、 まずは子どもにどうしてほしいのかを見てもらい、覚えてもらうようにしましょう。


お客様の声
メディア情報
会員登録
ブログ

アイテム別

プライズリボン
ギフト

サイズ別

子ども服のアレコレ

ヴィンテージ生地の魅力

子ども服のコーディネートのコツ
子ども服の選び方について
子どもに合ったドレス選び
発表会の衣装の選び方
子ども服の収納方法
子どもに服を収納させる方法
子ども服の洗濯の仕方
年齢における洋服の特徴
子ども服の再利用の方法について

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ