子ども服アレコレ

子ども服の選び方について

一昔前までは子ども服の種類は限りがありましたが、今では本当にバリエーション豊かになってきました。 そんなバリエーション豊富なお洋服の中から、自分のお子様にあったお洋服を選ぶのはなかなか難しいと思います。

デザインを重視してしまいがちかもしれませんが、デザインだけでは失敗してしまう可能性があります。 そうならないためにも、しっかりと他の部分も見るようにしましょう。


動きやすさ

子どもは非常に活発なものです。はしゃいでいるときにケガをさせないためにも、 しっかりと動きやすいお洋服を選ぶようにしましょう。 動きやすいお洋服といえば、伸縮性に富んだものが最適です。 また、はしゃいでいると汗をかいてしまうものなので、吸収性に富んだものを選ぶのもいいですよ。


サイズ

子ども服選びにかかわらず、お洋服を選ぶときには必ず目を通すと思います。 しかし、今ピッタリなものを選ぶというのは、子ども服には不適です。 特に、3歳~6歳ほどの子どもの成長は急激なものです。 子ども服には対応年齢表示がされている場合もありますが、 体の成長はそれぞれ異なってくるものなので、しっかりと選ぶようにしましょう。

トップスであれば、ピッタリのサイズのものを購入するのではなく、ワンサイズ大きいものを選択するのがいいですよ。 最初は大きめに見えても、大きくなるのが早いので、すぐにジャストサイズになります。 トップスは大きすぎても、袖を折ることで着せてあげることが出来ます。


重ね着しやすいもの

最後に、重ね着しやすいものです。意外に思うかもしれませんが、これも子ども服選びでは重要な項目の一つです。 薄手で重ね着がしやすいデザインのものなら、寒い日に重ね着していって、遊んでいて体が温まったら脱ぐことが出来ます。 つまり、体温調整がしやすいということです。子どもの体調管理のためにも、重ね着しやすい服というのは重要なのです。 よくお子様とお出かけするという方は、是非とも重点的に見るようにしましょう。


気に入ったデザインのものが見つかったら、上記の項目を満たしているか確認するようにしましょう。 そうすることで、服選びに失敗しないと思います。


お客様の声
メディア情報
会員登録
ブログ

アイテム別

プライズリボン
ギフト

サイズ別

子ども服のアレコレ

ヴィンテージ生地の魅力

子ども服のコーディネートのコツ
子ども服の選び方について
子どもに合ったドレス選び
発表会の衣装の選び方
子ども服の収納方法
子どもに服を収納させる方法
子ども服の洗濯の仕方
年齢における洋服の特徴
子ども服の再利用の方法について

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ