子ども服アレコレ

子ども服の再利用の方法について

子どもの成長は非常に早いものなので、 気づいたら手持ちのお洋服がサイズアウトしていた、というのはよくあると思います。

着られなくなったお洋服は不要なものになってしまうと思いますが、 ただ捨ててしまうのはなんだかもったいない気がしませんか?

リメイクやフリーマーケットでの出店、リサイクルショップへの買取依頼など、 子ども服を処分する方法というのはたくさんあります。

では、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。


リメイクのメリット

使わなくなった子ども服をうまくリメイクすることで、新たなアイテムを生み出すことが出来ます。 不要なものを利用し、便利なアイテムや可愛い小物に変身させることが出来るのが、 リメイクの最大のメリットなのではないでしょうか。ヘアアクセサリーを作ってみたり、 クッションを作ってみたりと、わりとお手軽なのでオススメです。 ヴィンテージなど、それぞれの生地にはそれぞれの特徴がございますので、生地の性能を活かして楽しみましょう。


フリーマーケットのメリット

フリーマーケットに商品として出品するメリットといたしましては、やはり好きな値段で売ることが出来るところです。 リメイクはアイテムを生み出すことが出来るものですが、フリーマーケットではお金を手にすることが出来ます。 今ではミニゲームなどのイベントを開催しているフリーマーケット会場などもございますので、 休日の日にお子様と楽しみながらリサイクルが出来ます。


リサイクルショップに売るメリット

リサイクルショップのメリットは、よっぽどのことがない限り確実に売ることが出来るところです。 フリーマーケットは売れるか売れないかわかりませんし、出店の手間がかかってしまいます。 しかし、リサイクルショップはお店に持っていくだけなので、手軽に売ることが出来ます。


簡易的になってしまいましたが、それぞれのメリットについてご紹介しました。 こういったメリットを考えたうえで、お得にリサイクルしましょう。


子ども服の選び方について

一昔前までは子ども服の種類は限りがありましたが、今では本当にバリエーション豊かになってきました。 そんなバリエーション豊富なお洋服の中から、自分のお子様にあったお洋服を選ぶのはなかなか難しいと思います。

デザインを重視してしまいがちかもしれませんが、デザインだけでは失敗してしまう可能性があります。 そうならないためにも、しっかりと他の部分も見るようにしましょう。


動きやすさ

子どもは非常に活発なものです。はしゃいでいるときにケガをさせないためにも、 しっかりと動きやすいお洋服を選ぶようにしましょう。 動きやすいお洋服といえば、伸縮性に富んだものが最適です。 また、はしゃいでいると汗をかいてしまうものなので、吸収性に富んだものを選ぶのもいいですよ。


サイズ

子ども服選びにかかわらず、お洋服を選ぶときには必ず目を通すと思います。 しかし、今ピッタリなものを選ぶというのは、子ども服には不適です。 特に、3歳~6歳ほどの子どもの成長は急激なものです。 子ども服には対応年齢表示がされている場合もありますが、 体の成長はそれぞれ異なってくるものなので、しっかりと選ぶようにしましょう。

トップスであれば、ピッタリのサイズのものを購入するのではなく、ワンサイズ大きいものを選択するのがいいですよ。 最初は大きめに見えても、大きくなるのが早いので、すぐにジャストサイズになります。 トップスは大きすぎても、袖を折ることで着せてあげることが出来ます。


重ね着しやすいもの

最後に、重ね着しやすいものです。意外に思うかもしれませんが、これも子ども服選びでは重要な項目の一つです。 薄手で重ね着がしやすいデザインのものなら、寒い日に重ね着していって、遊んでいて体が温まったら脱ぐことが出来ます。 つまり、体温調整がしやすいということです。子どもの体調管理のためにも、重ね着しやすい服というのは重要なのです。 よくお子様とお出かけするという方は、是非とも重点的に見るようにしましょう。


気に入ったデザインのものが見つかったら、上記の項目を満たしているか確認するようにしましょう。 そうすることで、服選びに失敗しないと思います。


子どもに服を収納させる方法

子ども用の個性的なシャツ

お子様がある程度の年齢になってくると、自分で片づけをできるようにさせたいですよね。 しかし、いくら言ってもなかなか片づけてくれないということも多々あると思います。

子どもが片づけをなかなかしてくれない理由としては、「そもそもの片づけの方法がわからない」というのがあります。

教えたとおりに実践してくれなかったら、「なんでできないの?」と怒ってしまいがちですが、 頭ごなしに叱るのではなく、少し教え方を変えてみましょう。 しっかりと順序を踏んで覚えさせることで、確実に身に着けさせることが出来ると思います。


やるべきこと

幼稚園までの子どもであれば、してほしいことを言葉で伝えるのではなく、 「こうやって片づけるんだよ」と実践して見せ、視覚的に覚えてもらいましょう。 しばらくこれを続けていると、「ぼくも(わたしも)やってみたい」と言い出すので、手伝わせてあげます。

しかし、いきなり大局的に実践させるのではなく、最後の2枚だけしまわせたりと、ちょっとずつさせてあげます。 そしてこの時に忘れてはならないのが、「ありがとう」や「助かったよ」といった感謝の言葉です。 こうすることによって、自分でできた達成感と、ママの役に立ったという満足感を味わうことができます。 単純かもしれませんが、子どもはこれだけでもとても嬉しいものです。

また、重要なのは教え方だけではなく環境もあります。 例えば、しまう場所がバラバラになってしまうとなかなか覚えられず、子どもは混乱してしまいます。 パンツや靴下、Tシャツなどをバラバラに仕舞っている方もいらっしゃるかもしれませんが、 お子様に確実に実践してもらうために、しまう場所は統一するようにしましょう。


以上のように、小さなお子様はまだまだ考える力が備わっていません。 百聞は一見にしかずという言葉にもあるように、 まずは子どもにどうしてほしいのかを見てもらい、覚えてもらうようにしましょう。


発表会の衣装の選び方

発表会はお子様の成長が確認できる大切なイベントの一つです。 お子様を綺麗に美しく際立ててくれるのはやはり衣装です。

どのような衣装が発表会に適しているのかと分からない方も大勢いるのではないでしょうか。 そんな方のために、発表会の衣装選びについてご紹介したいと思います。


ドレスデザインの選び方

発表会といえば、楽器を演奏する機会が多いと思います。

楽器を演奏するときに窮屈な感じにならないデザインを選ぶ事が大切です。

ピアノの場合
鍵盤に手を置いたとき、袖に引きつり感がないようなデザインを選びましょう。

ヴァイオリンの場合
ヴァイオリンは腕を大きく動かしますので、こちらもやはり袖が邪魔にならないように選ぶことが大切です。 冬の場合は、うっかり長袖を選んでしまうと思うのですが、半袖かノースリーブを選ぶようにしましょう。 舞台は、照明で案外暑くなるものです。

ドレスの長さ
ロングドレスは可愛いのですが、歩いたときに靴で引っ掛けて転んでしまうことを心配してあげましょう。 足首より長くなると引っ掛けやすくなります。 足首より短いドレスが安心できると思います。 どうしてもロングドレスにしたい場合、 歩くときや階段などではドレスを上につまんで歩くようにお子様に教えてあげると良いでしょう。


ステージ映えするドレスの選び方

カシュクールスタイルのワンピース

発表会では、照明色がついている場合が多いです。 ですから、照明色に合わせたドレス選びが大切になってくるのです。

例えば、赤やオレンジの照明色の場合、ドレスが赤だと、周りの色と同化してしまって、 まったく目立たなくなることがあります。 ですので、照明色と同系色のドレスを控えることが大切です。

できることなら前もって、 先生や舞台をプロデュースされる方に照明色を聞いて、反対色のドレスを選ぶことをおすすめします。

弊社では、様々な発表会に対応できるよう、多数の衣装を取り扱っています。 発表会に役立てる衣装ばかりだと思うので、一度ご覧になってみてください。


子ども服の収納方法

みなさんは、子ども服をどのように収納していますか?

たくさんある子ども服をスムーズに、上品に収納できると気持ち良いのではないでしょうか。 こちらでは、子ども服の収納方法についてご紹介したいと思います。


子ども服をしまう場所

子ども服の収納は、着替える場所の近くにすると便利です。 子ども部屋で着替えるのか、居間に続いた和室が良いのか、 家の間取りや生活パターンに合わせるようにしましょう。

入浴後に着替える肌着やパジャマだけを、洗面所の近くに収納するのもいいと思います。 家のあちこちに分散させすぎないことがポイントです。


子ども服をクローゼットにしまうコツ

コットン100%のカラフルコート

クローゼットを使って収納する場合は、プラスチックの引き出しケースを2~3列に並べ、 たためる服はプラスチックのケースに、重ねて入れるのではなく、洋服一枚一枚が見えるように立てて並べていきます。 子ども服だけに限らず大人服も同様、重ねて収納してしまうと、 どの洋服がどこに収納してあるのかが分からなくなってしまいます。

探すことにより、せっかく綺麗にたたんで収納していても、バラバラになってしまうので全く収納の意味がありません。 子どもが見ても、どこにどの洋服が入っているかを確認できるようにしてあげる事が大切なポイントです。 引き出しの外側に、中身を示すラベルを張ってあげると更にいいかもしれません。 そして、たたむとかさばる洋服はハンガーに掛け、吊るすといいでしょう。 プラスチックケースと吊るした服の空間を、おむつ置きや、バッグ置きなどで使用すると無駄がなくなります。

お子さんが小さいうちは、プラスチックケースで十分だと思います。 ご存知の通り、子どもはすぐ大きくなります。 ですから、高価な子ども用チェストを購入しても、ある程度の期間しか利用できません。 ある程度大きくなってきた頃にチェストを購入してあげることで、 大金を使う事なく、経済的にも優しいのではないでしょうか。

子ども服は数多くあります。 少しの工夫で、たくさんの洋服を収納できるのです。 上記の収納法は、収納が苦手な親御さんでも簡単に出来ると思います。 是非、参考にしてみてください。


ヴィンテージ生地の魅力とは

黒に小さい赤ドットがポイントのシャツ

ヴィンテージとは本来、ワインにおいて、ぶどうの収穫から醸造を経て、瓶詰めされるまでの工程を表す言葉であります。 語源は、フランス語の「vendange」からきており、さらに遡れば、ラテン語の「ぶどうを収穫する」という意味からきています。

現在では、名品や、年代物の楽器・オーディオ製品・カメラ・衣料品・車などの希少品の意味に用いられるようになり、 英語の「vintage」は「~の頃」や「時代」などを指します。 そして、そのヴィンテージの中には、「生地」も含まれます。

ヴィンテージ生地は、アメリカや北欧のものがあり、多くの方がその魅力に惹かれています。 こちらでは、そのヴィンテージ生地の魅力についてご紹介をさせて頂きます。


ヴィンテージ生地の魅力

ヴィンテージ生地は、すでに完成されたアンティーク作品としての価値も高いのですが、 このヴィンテージ生地を素材として、自分の好きなアイテムを、 自分好みのデザインで作ることができるという自由さも、ヴィンテージ生地ならではの魅力といえるでしょう。 そういった意味では、ヴィンテージ生地はアンティークグッズとしては珍しいアイテムの一つかもしれません。 そのように自分流に加工して使うところに魅力を感じているのだと思います。

そして、ヴィンテージ生地は原点、オリジナルということです。 現代の生地はヴィンテージをモチーフにした物がほとんどであり、本物は何時の時代にも通用するということです。 そのため、今もなお多くの方がそのオリジナルの魅力に惹かれているのでしょう。

また、その年代ごとの空気感を漂わせているのも、ヴィンテージ生地の魅力です。 決して現代のデザインでは、表現することのできないその年代ごとの空気感がヴィンテージ生地にはあります。


ヴィンテージ生地を使用した子ども服なら

このように、ヴィンテージ生地には多くの魅力が詰まっているのが、お分かりになったことでしょう。

当店では、そのヴィンテージ生地を使用した子ども服の販売を行っています。 世界に一着しかない個性的な洋服は、お子様の可愛さをより際立たせてくれることでしょう。 ヴィンテージ生地を使った洋服をお子様に着せたいとお考えなら、どうぞ、当店にて購入されてみてはいかがでしょうか。


年齢における洋服の特徴

2歳頃を過ぎると、子どもは「自我」が芽生え、すべての決定を自身で判断したくなるものです。 それは、洋服選びに関してもそうです。 そして、男の子と女の子を比べると、オシャレに目覚めるのが早いのは女の子です。

では、女の子の年齢によって見られる子ども服の特徴とは、どのようなものなのでしょうか?


2~4歳

2~4歳というのはだんだんと言葉が分かるようになり、 両親は幼児向け番組のテレビを見せる機会が増えてきます。 幼児向け番組に出演している子ども達というのは、衣装の場合もあるのでしょうが、 大人から見てもオシャレな印象を受けることが多くあります。

そのため、両親がその幼児向け番組を見て参考にし、まだ小さい我が子に、 両親のセンスでお子さんにオシャレをさせる方もいらっしゃるでしょう。 ですが、2~4歳くらいの女の子は、キャラクター物の子ども服を好んで着る傾向が強いといえるでしょう。


5~7歳

5~7歳の女の子というのは、子ども自身に「オシャレ」という概念が生まれる時期でもあります。 このカラーが好き、このシルエットが好き、このキャラクターが好きなど、 自分自身の好きな洋服を着たがるし、欲しがることでしょう。 またこの年齢になると、保育園や幼稚園、小学校に上がれば制服のある学校でない限りは毎日私服ですので、 2~4歳頃とは洋服を着て出かける頻度や環境も、これまでとはまったく異なってきます。 これまでオシャレに無関心な女の子であっても、周りの女の子達から影響を受けて、 自分からオシャレに目覚めていくのがこの年頃の特徴といえるでしょう。


8~10歳

8~10歳になると、すでに自分の好みも決まってくる女の子もいますし、早い子では、 この年齢でオシャレだけでなくお化粧にまで興味を持つような女の子もチラホラと出て来ます。 この年齢になると、女の子は公園などで遊ばなくなるので、よほどでなければ洋服を汚すこともなく、 ブランド物をきちんと認識して、ブランドの子ども服に興味を持ち始める女の子もいます。 また、この時期の女の子は、一番「大人」に憧れる時期でもあり、背が高く、 体が少し大きい子は子ども服を卒業し、大人服を着る女の子もいます。


以上が、年齢における女の子の子ども服の特徴でした。
当店では、上記で紹介したような年代の女の子の洋服を豊富にご用意しています。 オシャレに敏感な女の子の期待に応える子ども服やお出かけにピッタリな子ども服が揃っていますので、 どうぞお子さんと一緒にお好みの洋服をお探しになってください。


子ども服の洗濯の仕方

子どもが少し大きくなってくると活発になり、探究心も旺盛になります。 泥んこ遊びにも興味を示し、感性も豊かになります。 しかし、外遊びから帰ってきたときには泥んこだらけになってしまい、洗濯が大変になります。

汚れるともったいないからと今の時期にしか着られないようなかわいい洋服を着る機会も減ってしまうのではないでしょうか。 そこで、幼児期にありがちな泥んこ汚れを、特別な洗剤を使わずに落とす方法をご紹介します。


用意するものは、粉石けん・洗濯板・タライです。

  • 泥を乾かす
    まず大切なのは乾かすことです。 水につけおきすると、細かい泥が流動して繊維の奥に入り込むこともあり、取れにくくなります。 まずはカラカラに泥を乾かすことから始めます。
  • 泥をかきだす
    ブラシか歯ブラシで、優しく衣類を一方向にこすり、泥をかきだします。
  • 石けんを泡立てる
    粉石けんを使うのでしたらここでぬるま湯をタライに入れて溶かします。 手を泡だて器のように広げて勢いをつけて混ぜるとよく泡立ちます。
  • 洗濯板で洗う
    汚れの部分を洗濯板のでこぼこにこすりつけるようにしてからもみ洗いをします。
  • すすぎ
    軽くすすぎ、他の衣類と同じように洗濯機で洗い干します。

こうすることで泥汚れ専用の高価な洗剤を使わなくても落とすことができます。 泥汚れを落とす方法を知っていると子どもの遊びに対して大らかになれることでしょう。 また、お子さんに多いのが食べこぼしのシミなのではないでしょうか。 せっかくの可愛い子ども服もシミだらけになってしまっては台無しです。

食事中の食べこぼしのシミなどは乾かないうちにつけ置き洗いをすることがポイントになります。 少し手間だなと感じるかもしれませんが、つけたらすぐに洗うという習慣をつけることが大切です。 汚れの落とし方を知っておけばかわいい洋服も気軽に着せることができます。

当店では、おしゃれな子ども服を取り扱っています。 他では見られない個性的なデザインが魅力です。


子どもに合ったドレス選び

お子様にとってフォーマルを着る機会はそんなにないものです。 だからこそ、入学式、卒業式、七五三、発表会、結婚式など、子どもにとってはフォーマルを着る機会そのものが、人生の大切な思い出になるのではないでしょうか。 ふだんは選ぶことのないフォーマルはどのように選んだほうがいいのか難しいものです。


そこで、お子様のフォーマルやドレスの選び方を提案します。

  • サイズ
    お子様は成長が早いのでフォーマルやドレスは大きめのサイズを選ぶ方が多いようです。 変な選び方をすると、肝心なときに不格好に見えてしまいます。 なので、フォーマルやドレスを選ぶ際にはある程度、身体にフィットするものを選んだほうが良いと思います。
  • TPOを考慮したデザイン
    入園式や入学式には男の子ならブレザー+シャツ+パンツで、 女の子ならワンピースなどの比較的シックな装いがおすすめです。 あんまり個性的なアイテム使いだと浮いてしまうので気をつけながら小物も上手に活用できると素敵です。
  • 季節や気候
    フォーマルやドレスの選び方において季節や気候が優先されるべきだと思います。 子どもの健康のことを考えると暑すぎたり寒すぎたりするドレスもあまり良くないと思います。 とくに、居住地と行き先の気候の差が激しい場合は現地の気温をしっかりチェックする必要があります。 チェックした上で防寒にぴったりなコート、脱ぎ着しやすいカーディガンなどを用意することも大切です。

お子様のドレスを選ぶときにデザインや値段など何を重視するかはひとそれぞれだと思います。

もし、一風変わったおしゃれなデザインがいい、他の子どもと差をつけたい、とお考えでしたら当店の商品をおすすめします。 ビンテージ生地を使用したおしゃれなものになっています。

女の子のドレスにもビンテージ生地が使われていて、他にはないような色合いがとても特徴的なアイテムです。 さらに洋服をワンランクアップさせるようなアクセサリーも取り扱っております。


子ども服のコーディネートのコツ

女の子は、ファッションに興味を持つ子が多いと思います。

そこで女の子の着こなしのコツを紹介します。

  • 女の子のカジュアルファッション
    女の子のカジュアルファッションの着こなしのコツは、動きやすく、堅苦しくないコーディネートにする事でしょう。 お子様にとってカジュアルな着こなしのメリットはなんといっても汚れても大丈夫だというところなのではないでしょうか。
    普段着として気軽に着ることのできるような洋服を数枚準備しておくといいと思います。 女の子でしたら、カジュアル系の基本で、 インナーとしても便利なTシャツやポロシャツもちょっと甘めなデザインのものを選ぶといいです。 リボンが付いていたり、キラキラモチーフだったり、 色合いがやわらかいピンクやパープルなどでしたら女の子らしい印象になると思います。
    パンツも短めのパンツやハーフパンツがおすすめです。 短パンやミニスカートに、オーバーニーソックスを合わせるコーディネートもかわいいです。 シンプルなボトムでもブーツを合わせるとおしゃれな印象になります。 また、帽子を組み合わせることでカジュアルな雰囲気になります。
  • 女の子のきちんとした上品着こなし
    お出かけの際にはカジュアルな雰囲気より、きちんと感のある上品ファッションをさせたいものです。 そこで、女の子のきちんとした着こなしに欠かせないアイテムがワンピースと白ブラウスです。 ワンピースは女の子の定番アイテムなので、デザインによっては普段着としても着ることができます。
    最近では、ワンピースにボレロを組み合わせたコーディネートが人気のようです。 きちんと感のあるワンピースにボレロを上着として合わせるだけで入学式や卒園式にも着る事が出来るでしょう。 上質なブラウスを1枚持っておくことで、きちんとした着こなしをすることができますし、 カジュアルなボトムを合わせて、普段着としても着ることができます。

きちんとした格好をさせようとスーツを購入しても、成長期のお子さんは1度、 2度ぐらいしか手を通さないこともあるかと思います。 ワンピースやブラウスでしたら普段着としても着ることができるのでおすすめです。

当店ではカジュアルにも、きちんとしたファッションにもぴったりなワンピースやスカートを豊富に取り扱っています。


お客様の声
メディア情報
会員登録
ブログ

アイテム別

プライズリボン
ギフト

サイズ別

子ども服のアレコレ

ヴィンテージ生地の魅力

子ども服のコーディネートのコツ
子ども服の選び方について
子どもに合ったドレス選び
発表会の衣装の選び方
子ども服の収納方法
子どもに服を収納させる方法
子ども服の洗濯の仕方
年齢における洋服の特徴
子ども服の再利用の方法について

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ